那覇空港



 那覇空港は第1ターミナル、第2ターミナル、それに国際線ターミナルに分かれていた。 そのうち南西航空が使用していたのが第2ターミナル。
 昭和62年2月に新しい国際線ターミナルが完成したのに伴い、第2ターミナルへ移転した。
 旧ターミナルはプレハブ風の平屋であったが、「さあこれから南西航空に乗るぞ」という雰囲気があり、 とても親しみやすかった。
 それまでより第1ターミナルに少し近づいた新(現)第2ビルは内装、外観とも装いを新たにし、 まさに離島へのゲートウエイにふさわしいものとなった。
 当時より南西航空(JTA)の本土線はこのターミナルを使用していた。
 平成11年5月には新旅客ターミナルが完成。国内線は全て統合され、利便性が向上した。


 

旧第2ターミナル。南、北大東島行きはいつも空席待ちだった。



最終内装工事中の新第2ターミナル。オレンジ&レッドのラインが印象的。