伊江島空港

 伊江島周辺の空域は現在米軍が管理しており、週末等を除いては民間航空の運行が制限されている。
 しかしほんの一時期、那覇から南西航空が就航していた。
 それは海洋博が開催された1975年7月から半年、そしてその翌年の1976年7月から半年。
 しかし利用率は20%代と低調で、76年には機材をYSー11からツインオターに変更して運行したが、その後は再開されず今日に至っている。
 ターミナルは当時のまま残っているが、はっきり言って管理が良いとは言い難い。
 尚、この伊江島には米軍補助飛行場のものを含めて滑走路(らしきもの)が3本ある。